スポンサードリンク



皆さん!

ご存知でしたか?

ここのところあまりいいお話を聞かない仮想通貨かいわいですが...

ご存知の方も多いかと思いますが、

あの【絆】KIZUNACOINが一般向けのプレセール概要を公式Discordにおきまして開示いたしました。

【絆】KIZUNACOINといえば、ホワイトペーパーの中にも表記されておりますが

KIZUNACOINはただひたすらに普及を目指します。

DAG技術の手数料が少なく、やり取りをスムーズに行える側面を活かし 日常的に様々な目的で利用できる仮想通貨プラットフォームの設立をします。

この通り現在の他国産仮想通貨とは一線を引くような内容となっており、注目する方も多いのですが....

【絆】KIZUNACOINオフィシャルHPはこちらをクリック!








もちろん既に海外取引所に上場もされており、今後も様々な展開が期待されております。




特に公式Discord内では以下の通り、基軸通貨での整備も進めていくようなお話のようですね~

asdsad

これは期待できそうですね~

それでは早速Discordを見てみましょう!

@everyone 
KIZUNA GLOBAL TOKENの一般向けセール概要を公開します



・KIZUNA GLOBAL TOKEN 販売概要

セール期間 -12月1日(土)〜2月28日(木)
購入に使える通貨 - BTC or KIZ*(5sat固定レート)

KIZUNACOINのプレセール時と同様に12月1日(土)の開催までに事前申し込みを受け付けます。

・KIZUNA GLOBAL TOKEN購入事前申し込みフォーム
https://goo.gl/forms/IuINXs4AyYMhqpJn2



/KIZUNA GLOBAL TOKEN 概要


このオファーではアメリカ法人KIZUNA GLOBAL Inc.の株式トークン(セキュリティートークン)をオフショア向けに投資募集致します。


ステーブルの導入を目指すKIZUNACOINや、セキュリティートークン取引所であるKEEP-Exchangeなど先進的な事業に投資を行うことができます。


「発行者の所在する国・地域の法律に遵守された株式トークンを、世界中で安全に取引可能にする証券取引所の設立」
これが今回の主な資金調達の理由です。



/セキュリティートークンの特徴

セキュリティートークンは基本的に株と同様の機能を持ち、該当法を遵守する形で発行・流通されます。


ICOの危険性は株のような仮想通貨を売ることで常に発行者に対する法的な圧力と隣り合わせです。
STO(セキュリティートークン)では、証券に近い仕組みで法的な安全性があります。

KIZUNA GLOBAL TOKENでは保有される一人一人のETHアドレスにKYCにより、個人情報を割り当て、例えば、送付ミスなどで失ってしまった株式を復元したり、法的に適切でない持ち主を除外することができます。


「セキュリティートークンとは何か」を簡潔に伝えるなら
「高性能な仮想通貨テクノロジーで電子化された株」と言えるでしょう。


”株"の取り回しづらさなどの欠点と、"仮想通貨の"ICOによる資金調達の法的なリスクなどを解消しています。


優れたテクノロジーを持つ仮想通貨は価値が上がることが期待できる点で投資に適していますが
特別なシステムを持たず、資金調達を目的とした仮想通貨ICOへの投資は安全ではありません。


各国の規制は強まるばかりで、ICOは縮小傾向にあります。
それは、法律の解釈によっては違法である場合があるからです。



我々はKEEP取引所(セキュリティートークン取引所)を来年オフショア地域にて公開予定です。
セキュリティートークンと仮想通貨はシステム的にも法的にも全く異なる性質を持ちます。


KEEP取引所は、次世代の証券取引所です。
近いうちに、ICOはSTOに置きかわり、その簡易性からIPO(新規株式公開)もSTOに移行されると予想されています。


取引所の開発状況ですが、取引所を複数回開発した経験者により開発が行われ、現在のところ、技術的な障壁はありません。
資金面含め取引所公開まで実現可能であると考えております。


取引所を公開する技術的なハードルは実際には高くはありません。
仮想通貨取引所のソースコードはオープンソースのものも多いからです。


ですが、我々は可能な限り優れた取引所の開設を目指し、様々な取り組みを行っています。
信頼できる外部機関の技術的なサポートも得られる予定です。


今回の資金調達は、安全な取引所を実現するためサポートの提供や各国での展開を進め、常駐のスタッフを配置するための資金として用いられます。


ステーブル資金調達に向けた交渉については、Bit-Zへの上場や資金面でKIZUNACOINを支援頂いている方々が、今後の資本面についてもご協力頂ける運びとなりました。
今回得られる資本は今後のKIZUNACOINのステーブル担保資金として割り当てを行う予定です。


ICOは仮想通貨の販売ですが、STOは株式と同様の価値を持つトークンの販売です。
STOではICOのように発行し、各国の登録規制免除のルールに従うことで迅速に行うことができます。

株式の公開を簡潔に進めることができるため、数十兆にも及ぶとても大きな需要があると考えられています。

次世代の仮想通貨ビジネスにおける最大級のフロンティアであると言えます。


*KIZ決済で得たKIZUNACOINは運営のロックアップ持ち分として含めることで、運営による流通量の調整の仕組みづくりの一環となります。

asdsadsa




いかがでしょうか?

この内容だけで..なるほど! 運営様の真摯な取り組みがお判りいただけるかと思います。

何度も申し上げますが

今後の動向要注目です!

BlogPaint

過去記事


公式リンク-Official links

Website :
https://www.kizunacoin.net/
Twiter  : https://twitter.com/KIZUNA_OFFICIAL
Discord  : https://discord.gg/jyAsT6h


仮想通貨取引は大事な資産を運用する取引です。やすくろうのおすすめはあなたに利益をもたらすことを約束する内容ではありません。あくまで自己責任でのお取引をお願いいたします。

また、仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。
余裕をもったお取引をおすすめいたします。