スポンサードリンク



cider11



皆さん!ご存知ですか?
また、楽しみなプロジェクトが出てまいりましたね~
その名は【Cider】Cider Project です!
公式Discordは以下より参加いただけます

公式Discord入り口
















コンセプト


「わたしの現在(いま)をあなたの未来へ」
~発達障害のかたとそのご家族のための未来サポート~


なんか、この言葉を聞いただけでぬくもりが伝わってくる、そんなプロジェクトですね~

こちらのプロジェクトは現在、有名クラウドファンディング運営サイト『Readyfor』

rfl1

にて支援受付中でして

開始早々にして早くも支援が寄せられているようですね
こちらがこの画像です!

kurafan1

※画像クリックで実際のサイトをご覧いただけます

なるほど!面白そうですし積極的にチャレンジされておりますよ~!

それでは詳しく見てみましょう!

実は!せっかくの機会ですので
気になる点を運営様に直接お話を伺ってみました!

はじめにご紹介いたしましょう..


湯野代表さま
本日はご無理を言いましてもうしわけありませんでした。

私自身、興味がある内容でしたので
是非お伺いしたいと思いお願いをいたしました。
本日は宜しくお願いいたします!





いえいえ
私たちスタッフ一同も、この取り組みをどんどん発信していきたいと考えております!
こちらこそよろしくお願いいたします!




それでは早速ですが、多くの社会問題の中から敢えて【ADHD】をお選びになった理由をお聞かせいただけないでしょうか?




はい
発達障害つまりADHDや自閉症スペクトラムに焦点を当てたのは、まずこのプロジェクトのメンバーそれぞれがそういった方々と身近に接しているから、というのが第一の大きな理由です。
詳細はまた別の機会にお話ししますが...
身近に接しているために、充実しているもの、不足しているもの
いまなにが最も望まれているのか等々肌で感じているからといったほうがわかりやすいかもしれません.....




なるほど
そうしますと、既存のサポートシステム等にも接していらっしゃるという事ですね!




はい、その通りです
公、民ともに実は様々なサポートシステムがありますが
当事者、関係者の声に耳を傾けますと、量の問題や、一部ではありますが質の問題等、様々な課題を抱えているのが現状だと考えております。




非常にわかりやすいお話ですね~ありがとうございます。

もう一つお伺いしたいのですが
今回、クラウドファンディングを利用されていますね~

私が見た感じですが、金額もそう多くはないですし、内容から考えても、ただお金を集める為という風には考えにくいのですが、どのようなお考えで募集をされているのでしょうか?





はい
ご承知の通り、私たちは暗号通貨のコミュニティからスタートしております。
しかし既存のやり方であるプレセールあるいはファーストセールによる資金調達では、現状、投資家の方にリスクを与えることはもとより、単なる投機対象として見られてしまうという事を避けたいという思いがありました。
加えて、私たちの今回の取り組みを、福祉、社会活動の一環として認知、承認していただくという事の意味、信を問う意味でもクラウドファンディングが最適の方法であると考えました。





なるほど
インタビュー中ではありますが....
その話には非常に感銘を受けますね~ww




お~~!やすくろうさん!
すぐ一口ご協力をお願いします!(笑)




(笑)もちろんですよ~!

湯野代表 最後にもう一つ教えてください
先ほども少しお話が出ましたが、既存の様々なサポート団体との取り組み方、協力体制はどのようにお考えでしょうか?





はい その点も私たちの活動にとって重要であると考えております。
今後、様々な連携の仕方を協議の上模索していくこととなるとは思いますが...........
一つの計画としては、ブロックチェーントークンによる統計収集を想定しています。
これは例えば、どこにどのくらい発達障害の方がいるのか把握し、既存の統計に捕捉されていない要支援者を割り出すことが可能になるということです。
この情報を使うことによって、各支援団体や公共機関との連携をスムーズに行うことが出来ると考えています。




なるほど!まさに、ブロックチェーン技術の活きるところですね!

湯野代表!
本日、お忙しい中ご無理を言って申し訳ありませんでした。私自身疑問に思っていたところもクリアになりましたし、おそらく読者の方も同様にご理解いただけたかと思います。
本当にありがとう御座いました。期待しておりますので是非今後ともよろしくお願いいたします。




やすくろうさん、こちらこそこのような場所を作って頂きありがとう御座いました。今後も今回の様により多くの方に発信していきたいと考えておりますので、ぜひよろしくお願いいたします!

また、これを読んでいただいた読者の皆様
公式Discordにいる際には、できる限り皆様とチャットでもお話をさせて頂きたいと思っておりますので、是非お気軽にお越しください!スタッフ一同お待ちしております!
本日はありがとう御座いました。






それでは以下内容を見ていきましょう!
 基本理念
~アンチ自己責任。私たちが私たちらしく輝ける場所を作る~

mission

 責任とは本来それぞれが自然と所持しているものです。しかし昨今まるで万能語のように「自己責任」というワードが独り歩きしています。自分の力だけではどうしようもないことは世の中にたくさんあるはずです。努力と根性だけでは、環境や機会は手に入らないこともあるのです。私たちはそんな世界には与しません。しかし世界を作り変えようとも思いません。発達障碍をはじめとしたチャレンジドな人々が、その人らしく暮らせる居場所を作りたい、これが私たちの基本理念です。



  学習/就労サポート
~全ての人々のスキルと機会のミスマッチを改善する~

study

 スキルやリテラシーは、誰もが最初から身についているものではありません。誰かに教わらなければ分からないこともたくさんありますし「分からない部分が分からない」ということもよくあります。そんな時に、私たち有志をはじめとした講師陣があなたのためにサポートします。スキルアップはイコール生活レベルの向上および希望する就労環境への第一歩です。一日のスキマ時間を活用できる専用のオンラインサロンで、私たちは皆様の向上心をバックアップしていきます。



 制度アシスト
~わかりにくい細かな手続きをサポートし、制度活用する~

procedure

 社会には多くの便利な制度が存在します。しかし多くの人々はそれらを利用することなく、あるいは知ることもなく暮らしています。例えば発達障碍の傾向があったとしても、それが確定診断がつかない境界線上にいたとき、どのようにすればよいのでしょうか。その答えを手助けしてくれる情報はまだまだ少ないはずです。一人ひとりにとって、どのような制度が合っているのか、またどのように手続きを行えばよいのか、私たちは皆さまと一体となって行動します。



 心のオアシス
~スピーディーな情報共有と連帯感の生まれる場を作る~

rest

 現代の多くの人々は誰かとの「つながり」を求めています。しかし発達障碍など個々の様々な事情によって、既存のコミュニティとは距離をおいてしまうこともしばしば見受けられます。それはすなわち機会や情報との疎遠を意味しています。そこで私たちは皆様にとって常に新しい情報をスピーディーに収集できる、そして同じ境遇の者同士が寄り添うことができる、そんな場所を作ります。24時間365日、誰かとつながることのできるオンラインサロンを活用していきます。



 ギルド制度(組合制度)
~教わったものを次の誰かに「伝える技術」を磨く~

guild

 「教わる」と「教える」とは全く別のスキルです。ほとんどの人々は誰かに教わることで成長していきます。しかしより深い理解や、さらに高度な分野に挑戦するとき、自分が修得したものを今度は誰かに伝えていく技術が必要になってきます。私たちのオンラインサロンに所属する人々は、皆が仲間であると同時に良きライバルでもあります。彼らと共に切磋琢磨しながらステップアップしていくことで、次は貴方が誰かに教える立場になれるよう、私たちと一緒に取り組みましょう。



 ゲーテッドコミュニティ
~既存社会に疲れてしまった人を受け入れる居場所を作る~

community

 社会には「生きづらさ」を抱えた人々が多く存在します。しかしほとんどの人は、そんな自分を忙しい毎日のなか奮い立たせて生活しています。ですがそれは誰もが出来ることではありません。それぞれストレス強度は違うのです。私たちはそんな人々がふと安らげる居場所をリアルの世界に構築します。それは時に現実逃避の場であっても構いませんし、単に暇な時間を仲間と過ごせる場所でもいいのです。誰もが安心で安全で自由にいられる、私たちのそれがゲーテッドコミュニティです。

いかがですか!皆さん

CiderProjectの運営様の6つの思い
伝わってきましたよね~

次は【WP】ホワイトペーパーを見てみましょう!
以下からごらんいただけます

CiderWPPDF


本プロジェクトの重要事項は、基本的には先ほどの『6つの思い』の中に込められておりますが、
さらに特筆すべきは、やはりトークン・仮想通貨に≪一つ大きな役割を担わせている事≫でしょう!

WP内では以下の様に記述されております

STRATEGY 1 ◆トークンによる収益化



収益の安定性は、サービス稼働に必要不可欠です。 その収益を補う一つの手法に、前述のサービス内においてごく僅かな割 合を手数料として、Ciderと名付けたブロックチェーン技術を生かしたト ークンを介して皆様から頂くことを計画しています。
このCiderトークンが私たちのコミュニティにおけるポイントサービスの
ようなものと考えてください。
それらをサーバ維持管理費、運営開発費として使用すると同時に、一部 は再びコミュニティに帰されます。この流動性をコントロールすること により、トークンの価値をゆるやかに上昇させていきます。
また、Webサービスという特色を生かし、企業・個人問わず使用できる 広告スペースを配置します。 Googleを始めとしたアドバタイズサービスは数多く存在しますが、チャ レンジド分野を含めたニッチな需要の広告主も見逃すことは出来ませ ん。
その分野の開拓を進めるとともに、将来的に私たちのサービスが一手に 引き受けることで安定的な収益化を目指します。
なお、これらの広告出稿費や報酬に関しても、Ciderをもって代える予定
です。


STRATEGY 2 ◆情報サービスの提供


どのようなチャレンジド分野の方々が、どの地域にどの程度暮らしてい るのか、それらを測った統計は決して多くありません。
このことは公共機関・地方自治体・政府の戦略立案にとって、また私た ち自身の安定的な生活にとってマイナス面が考えられます。
そこで私たちは、先述のCiderと呼ばれるトークンを使うことで、概算的 な統計情報の収集を目指します。
トークンを持つ者は基本的に、私たちのコミュニティの支援者・賛同者 であるとともに、チャレンジドのご本人そのものでもあります。
また、Ciderに使用されているブロックチェーンと呼ばれる技術は誰がい つどの程度のトークンを所持しているのか閲覧することが可能です。
ここに位置情報サービス(GPS)をプラスした後に一定の操作にご協力いた だくことで、Ciderを持つ者がどのあたりの地域にどのくらい存在するの かおおよそ把握することさえできます。
この情報を各提携団体や自治体と共有していくことで、各地域に沿った 戦略を立てることができ、私たちチャレンジドな人々がよりよく暮らせ るサービス実現に寄与します。


なるほど!頷けますね~

積極的に仮想通貨、WEBを利用することにより、活動のベースとなる安定した収益を生み出し、データの精査、活用をしていくという事でしょうか。

※ 以下の動画はホワイトペーパーの音声読み上げ版です





代表様のお話の通り、実際に公式Discordでもお話が聞けますので、ぜひみなさん参加してみてください!

公式Discord入り口


どうですか?このプロジェクト!ご理解いただけましたでしょうか?
今後の動きに要注目なこと間違いないですね!




公式リンク-Official links
Website : http://cider.starfree.jp/
Twiter : https://twitter.com/cryptocider
Discord : https://discord.gg/WFHWCCP

仮想通貨取引は大事な資産を運用する取引です。やすくろうのおすすめはあなたに利益をもたらすことを約束する内容ではありません。あくまで自己責任でのお取引をお願いいたします。

また、仮想通貨の相場は大きく変動する場合がございます。
余裕をもったお取引をおすすめいたします。